借り入れ可能か3秒診断できる大手サービスもあります


「どこでお金を借りようか・・・?」 と悩んでいる方へ。



全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

無記名の3秒診断が便利!


プロミスは借り入れ可能かの3秒診断が「無記名でできる」のがとても便利です。借りられるようなら正式に申しこめば良いので、まずは、簡単3秒診断だけでもしてみてはいかがでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは テレビCMでも有名な消費者金融で、実は、銀行などから借りるよりも借入までの時間が短く済むケースも多いのです。

最短1時間融資の素早さが魅力


スマートフォンから申込・審査・契約ができて、最短1時間でお金を手にすることができるというスピーディーさが、他の借入先よりも優れています。

利息も安い


利息に関しても、他の大手消費者金融と比べても低金利ですし、Web明細とメールアドレスの登録をすることで、初めてプロミスで借りる方なら30日間無利息でお金が借りられます。

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

◎→プロミスの公式サイトはコチラ

消費者金融キャッシングの体験談

「お金を借りたい」

 

突然そんな状況になったときにでも慌てずに安心して借金ができるように、消費者金融やキャッシングを利用するためのおすすめのサービスなどを紹介します。

 

キャッシングを利用する理由は様々。

 

サラリーマンなどの会社員からOL、学生さんも緊急でお金に困ることはあります。携帯代が払えない。彼氏彼女の誕生日プレゼント代がない、給料日前に金欠でお金がないけど食事会がある・・・etc・・・。

 

はじめての借金は非常に不安なものです。

 

よく言われることですが、ローンは計画的に利用することが大切です。

 

このホームページでは消費者金融キャッシングについてのおすすめのサービスや特徴などを紹介していきます。はじめてキャッシングをする方や、学生ローンを考えている方などの手助けになれば幸いです。

 

その中からおすすめのサービス、キャッシングを紹介していますので借金をする時の参考にしてください。

はじめてさんのキャッシングの申し込み手順

はじめてキャッシングを利用するとき、少し緊張というか、不安を感じますよね?

 

でもね。

 

あらかじめ申し込みの際の手順を知っておけば、そんな不安も少しは解消されると思いますので、おすすめの大手消費者金融の申込み方法や流れを紹介したいと思います。

 

キャッシングの申し込みは、店頭か、無人契約機、またはインターネットから申し込みできます。一時期は無人機もあちこちに見かけられましたが、人目につかないという点では、ネットから申し込むのが一番おすすめです。

 

ネットキャッシングで事前に準備が必要なもの

ネットからキャッシングの手続きをする時に必要な物は、まずは本人確認書類です。

 

運転免許証or健康保険証orパスポート

申し込みをするときには、まず、本人確認書類(自動車運転免許証か健康保険証、またはパスポートから1点または2点)が必要になります。

 

勤務先の連絡先

次に勤務先の会社情報です。従業員数など細かなことも必要になりますので、前もって調べておくといいでしょう。勤務先への在籍確認のための電話番号なので、代表番号ではなく、営業所や担当部署の番号を指定するといいでしょう。また、派遣社員の場合は派遣先でなく、派遣元の会社情報を調べておきましょう。

 

50万円以上借りる時は収入証明書が必要なケースもある

さらに、50万円以上キャッシングを申し込む場合は収入証明書が必要です。自営業など、職業によっては50万円以下でも収入証明書が必要になる場合もあります。

 

ネットでキャッシングを申し込む場合の手順

まずインターネットのホームページから、確認事項や規約などをよく読んだ上で、同意して申し込みます。ネットなら時間も気になりませんね。

 

次に申し込み内容を確認する電話がかかってきます。固定電話でも携帯電話にかかってくるときでも、個人名でかけてくるので、そばにいる人も気にならないと思います。

 

そして勤務先への在籍確認の電話が必ずあります。(※→在籍確認で会社に借り入れがバレない方法!)

 

消費者金融の名前は伏せて、個人名でかかってきます。なかには事前にお願いすると、かかってきても不自然ではない人物像でかけてくれるところもあります。

 

在籍確認の電話は職場に不在でも大丈夫なのですが、電話に出れる場合は出たほうがいいでしょう。簡単な本人確認です。

 

借り入れ申込時の手順

  1. 本人確認書類を送ります。ネットでアップロードしたり、カメラアプリを利用して送れます。
  2.  

  3. もう一度電話がかかってくる(金利や返済方法のお知らせ)
  4.  

  5. 借り入れ(銀行振り込みまたはATM出金)

 

銀行振り込みで申し込む場合、銀行によって締め切り時間が14時までなど早い場合もあり、それまでに消費者金融の手続きが終わらないと、振り込みが翌日になってしまうこともありますので注意が必要です。申し込みから借り入れまで、速くても約1時間はかかるので、余裕をもって手続きしましょう。

 

また、ATM出金を選ぶと、無人契約機でカードを発行することになります。カードを発行すればその後は提携しているコンビニATMなどでもキャッシングの利用ができるようになります。銀行振込の場合だと、契約書とカードは後日自宅に郵送されます。

 

無人契約機でのキャッシング申込み手順

無人契約機からの申し込みも事前にネットで申し込みます。(この時点で仮審査)

 

ホームページから申し込み、申し込み内容の確認電話があります。そして無人契約機で本人確認書類を提出し(本審査)、審査が通ればその場で契約書とカードが発行され、ATMで出金できるようになります。

 

ネットからの申し込みでも、無人契約機での申し込みでも、必ず確認などの電話があり、無人契約機ではオペレーターと話しますので、全く人と接触せずに契約することはできません。といっても、人と会わずに手続きは可能です。

 

(また、モビットなどは「WEB完結」と書いていますが、結局は電話で在籍確認などがあるので、それならば、無利息や即日融資も可能な他のサービスをチョイスすることをオススメします。)

 

審査時間は場合によりけりですが、速くても40分〜50分かかると思われます。予想外に時間のかかることもありますので、余裕をもって手続きしましょう。

 

キャッシングのやり方まとめ

キャッシングは店頭か、無人契約機か、インターネットから申し込みでき、申し込みには本人確認書類と勤務先の会社情報、借り入れ金額により収入証明書が必要です。まずネットで申し込んだら確認電話があり、勤務先への在籍確認、本人確認書類提出、お知らせの電話、振り込みやATM出金となります。

 

とはいえ、難しい手続きではないので、ネットから申し込みをして、そのあとはキャッシングサービスの人の言うとおりに手続きすれば、問題ないです。できるだけ早めに申し込みをすればその分、早くお金を借りられるという点のほうが重要視されています。

消費者金融を利用する際には営業時間に注意

消費者金融を利用してお金を借りたいという場合には、当たり前のことですが営業時間に注意しなければなりません

 

お金を借りるためには、申し込みを行った後に審査にパスして、契約するという段階を踏む必要があります。

 

スマートフォンから消費者金融へ借り入れするイメージ

 

申し込みだけであればインターネットを利用することによって24時間受付してもらえますので、それほど営業時間を気にすることはありませんが、実際に契約してお金を借りるところまで考えると営業時間が重要になってきます。

 

例えば、夜間に申し込みしても審査の回答は翌朝以降となるケースが多く、すぐに契約できるという訳ではありません。

 

消費者金融は融資までのスピードが非常に速いという特徴がオススメポイントではありますが、申し込みする時間帯によっては少し時間がかかる可能性があるのです。

 

自動契約機を活用して借りる方法

キャッシングサービス店舗の営業時間よりも自動契約機の営業時間の方が長くなっていることがほとんどです。

 

自動契約機であれば、土日や祝日といった休みの日でも利用できることが多いので、自動契約機を活用すると便利です。

 

自動契約機では申し込みから手続きを行うことができますが、インターネットから先に申し込んでおけば、さらにスムーズに進めることができます。

 

街中ではよく自動契約機を見かけますが、利用できる自動契約機は公式サイトなどで確認すると良いでしょう。

 

 

 

この時、できれば複数個所をピックアップしておく方がおすすめで堅実です。

 

どの自動契約機で契約しても良いのですが、先客がいた場合には思った以上に待たされることがあります。

 

他の自動契約機がそれほど遠くなければ、そちらに移動した方が時間のロスを短くできる可能性があるため、別の候補もピックアップしておくと良いのです。

 

インターネットからお金を借りる場合

インターネットからキャッシングの申し込みをして、お金を借りる段階までインターネット上で手続きする方法も増えてきています。具体的にはスマートフォンやパソコンを利用して、電話ではなくWEB上からお金を借りる申し込みをする方法です

 

このようなインターネット完結の場合には、銀行振込を依頼すれば、自分の口座からお金を引き出すことができます。

 

ただし、振込依頼の時間によって振込されるタイミングが変わることがありますので、事前によく確認しておくことが重要です。

 

また、インターネット完結を利用すると、カードは後日に郵送されるというパターンがありますが、自動契約機で発行してもらうことも可能です。

 

カードを利用してATMで引き出すという方法であれば、24時間いつでもお金を引き出すことができますので、早めにカードを持っておく方が便利でしょう。

 

消費者金融への借入申込まとめ

消費者金融は融資までの時間が短いという特徴がありますが、借入申し込みする時間帯には注意しておくことが重要です。「お金がない・金欠だ」と言っても、冷静に順序良く申し込むのが大事です。また、自動契約機とインターネット申し込みを活用すると、スムーズに手続きできることを説明してみました。